げん先生が思っていること

数学の世界観(1)

投稿日:
計算式

最近、「世界観」って言葉をよく聞きます。「セカオワの世界観、最高!」みたいな。

で、数学(算数)が苦手な人って「数学の世界観がわからない人」だと思うんです。

例えば、

「直線」と聞くと「定規で書いたまっすぐな線」を思い描く人もいるかもしれませんが、ウィキペディアによると

直線(ちょくせん、line)とは、太さを持たない幾何学的な対象である曲線の一種で、どこまでもまっすぐ無限に伸びて端点を持たない。
引用-Wikipedia

だそうです。「太さを持たない」「無限に伸びて」なので鉛筆で書くことはできない「現実には存在しないもの」なのです。

「数学」って人間が考えた架空の「世界」のお話です。数学が苦手な人はまずその「世界観」を共有するところから始めないといけないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA